全身脱毛のリスク:ヒリヒリ感

全身脱毛のリスク:ヒリヒリ感

全身脱毛を行うことで、お肌にヒリヒリ感を感じてしまうリスクも存在しています。
レーザーや光による全身脱毛については、毛根にパワーが集中するように作られていますので、基本施術を受けることで大きな肌トラブルが起こることはありません。
ただし、肌が弱かったり薄い方については、施術を受けた時にそのパワーを強く感受してしまう為、お肌にヒリヒリ感を感じてしまいます。
また、生理前後など、ホルモンが不安定になっているときに施術を行うことでも、刺激を感じてしまうのです。
ただし、これらの刺激については、普段のお手入れ方法であったり、通うタイミングを工夫することで、トラブルを避けることも可能になってきます。
まず、肌が弱い方は、普段のお手入れ方法が間違っており、肌が乾燥している可能性があります。
肌が乾燥してしまうことでバリア機能が弱くなり、刺激に対して過剰に反応しやすくなってしまうのです。
このように、肌の乾燥によってお肌が弱くなっている方は、普段から保湿ケアを行って、お肌の状態を整えておくとよいでしょう。
さらに、生理前後などホルモンのバランスが不安定になっている時には、脱毛をお休みし、ホルモンの状態が一番良いタイミングで施術を行うことで、ヒリヒリ感を防止できるようになります。
肌に対しての刺激のリスクを抑えたいときには、肌の状態をアップさせるケアを行ったり、そのタイミングを見極めてみることで、余計な刺激を感じることなく施術を行えるでしょう。